Etymology and distribution of 宮武.

The Japanese surnames etymology dictionary.
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
在日通名大全

日本初、在日通名の研究書「在日通名大全」発売中!
ネットの電話帳 住宅地図 マッポン!
宮武

宮武(みやたけ)さんの由来と分布

DistributionRelated Information provision

【宮武】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

Miyatake 【宮武】レベル5
About 12,000
  The Japanese surnames etymology dictionary.

香川県大阪府北海道

合略。一宮の略。「武」は推定では武士から。香川県観音寺市大野原町大野原に徳島県徳島市八万町夷山の夷山城の城主だった一宮成助が1582年(天正10年)に没した後で来住して一宮姓から宮武姓、今井姓に改姓したと伝える。一宮イチミヤ参照。今井イマイ参照。香川県観音寺市大野原町大野原の出の宮武氏が江戸時代に香川県高松市玉藻町が藩庁の讃岐高松藩医になったとの伝もあり。宮が「皇族の御殿」を意味する例あり。香川県丸亀市飯山町上法軍寺・飯山町下法軍寺では香川県に1156年(保元元年)に平安時代の天皇である崇徳天皇が配流となった際の従者だったと伝える。香川県仲多度郡琴平町上櫛梨にある浄土真宗の大念寺で同じ伝承あり。鎌倉時代に倉光氏が称したとの伝あり。位置不詳。倉光クラミツ参照。香川県仲多度郡多度津町家中が藩庁の多度津藩士に江戸時代にあった。北海道虻田郡豊浦町旭町では香川県観音寺市の大野原町から1917年に来住したと伝える。

合略。喜屋武の略。喜屋武の「武」を使用。兵庫県神戸市で1952年から1959年の間に改姓した事例があった。喜屋武キャン参照。

2022年 5月 17日 更新

If you know the etymology of 宮武, please give us information!

DistributionRelated Information provision

Similar names:

Miyatake 【宮竹】レベル4
About 1,200

Related

Miyatake 【宮竹】レベル4
About 1,200
are variants.

Miyata 【宮田】レベル6
About 112,400
are referenced.

pageviews

max: 698 / 月
2019
2020
2021
2022
2023
2024