Etymology and distribution of 安武.

The Japanese surnames etymology dictionary.
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
在日通名大全

日本初、在日通名の研究書「在日通名大全」発売中!
ネットの電話帳 住宅地図 マッポン!
安武

安武(やすたけ)さんの由来と分布

DistributionRelated Information provision

【安武】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

Yasutake 【安武】レベル5
About 7,300
  The Japanese surnames etymology dictionary.

福岡県熊本県東京都

福岡県久留米市安武町安武本発祥。江戸時代に記録のある地名。静岡県富士市南松野・北松野に戦国時代、福岡県久留米市篠山町が藩庁の久留米藩士、福岡県柳川市本城町が藩庁の柳河藩士に江戸時代にあった。

福岡県築上郡築上町安武発祥。江戸時代に記録のある地名。島根県西部(旧:石見国)での伝承。

阿武の異形。山口県に安土桃山時代にあった。発音はアンノ。阿武アンノ参照。

2022年 4月 1日 更新

If you know the etymology of 安武, please give us information!

DistributionRelated Information provision

Similar names:

Yasutake 【安竹】レベル4
About 600
, Yasutake 【保竹】レベル3
About 200
, Yasutake 【保武】レベル3
About 80
, Yasutake 【安岳】レベル2
About 20

Related

Yasutake 【安竹】レベル4
About 600
, Yasutake 【保竹】レベル3
About 200
, Yasutake 【保武】レベル3
About 80
are variants.

Yasu 【安】レベル5
About 3,900
are referenced.

pageviews

max: 480 / 月
2019
2020
2021
2022
2023
2024